中四国の釣り日記

中国・四国地方を中心にエギング・メバリング・ルアーフィッシングをメインに爆釣目指して釣行してます。夏のキス、冬のカレイも良い感じです( ̄ー ̄)ニヤリ

カテゴリ: 素潜り

使ってない釣具が高く売れた人続出!
↓  ↓  ↓


【買取専門店】釣具高く売れるドットコム
釣具高く売れるドットコム

まいどー。


素潜り でヒラメがよく獲れました(・∀・)b

場所は日本海の某所。



でも??


この日は早朝から気合入れて海に行ったのですが、

朝にも関わらず、魚は少な目・・・Orz



しかも、潜ってすぐにマゴチの50-60cmクラスがいたのに、

逃してしまうという。。。


さらに、真鯛の群れにも遭遇して、警戒心を解かせてなんとか足元までなんとか寄せたのに、



その距離で外すーーー???



ってな感じでヘタこきました。。。



で、日が昇るにつれて、小魚ばかりしかいなくなり、



今日は終わりか??



昼の1時を過ぎ帰り支度をするのに1時間を切った時に、

今までいなかったヒラメがどんどん出てきました。

さらにマゴチも!!



だいたい昼前後は突果は落ちる傾向にあるのですが、

今日は違った、理由としては時合で干潮 ⇒ 満潮へ向かい始めたから


多分それなのでしょう。


マゴチを最初に突いてから、


ヒラメ
 


ヒラメ



ヒラメ




とヒラメが午前中にチェックしていなかったところに、

いるじゃないですかーー!



タイムリミットでここで終わりですが、

おそらくもう1時間あれば、2桁はいってたでしょうね。



こういうことってあるんですね~



あっ、突果はこれです。



素潜り 笹川流れ


ポチっとして頂けると励みになります m(_ _)m
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ




2016年の素潜りで、クエに続いて驚いたのが、



ヒゲダイ

 ↓

素潜り ヒゲダイ



石鯛の下に2匹並んでるやつです。


その名の通り、顎の下にヒゲ状のものがあります。



で!



何に驚いたかというと、食味!!


刺身、煮付にして食べましたが、旨味が半端ない訳ですよ。



WEBの魚図鑑として有名なこちらのサイトを見てみると、

 ↓

http://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%92%E3%82%B2%E3%83%80%E3%82%A4


ヒゲダイの味の評価度が★5つの「究極の美味」(・∀・)b


よく読むと、身に旨味があると書いてあるけど、その通り!


ヒゲダイは数も少なくて、あまり流通してないようなのでレア度は高いですね~



個人的には同じ★5つのクエよりも美味しかった気がします。



なんか、不細工な顔の魚に限って美味しいんですよね~、魚は(笑)


ポチっとして頂けると励みになります m(_ _)m
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

2016年は例年にない突果を上げました♪



それが!



コイツ( ̄ー ̄)ニヤリ

素潜り クエ




クエ!!(サイズは38cm)



アコウに続く、幻の魚。


色々ネットでクエについて調べてみると、、、



白身の上品な味わいはフグよりうまいと言われ、


高級料亭でもなかなか仕入れることができない「幻の魚」


として珍重されてるそうです。



確かに皮の下はゼラチンのような、プルンとした食感で他の魚にはない感じでした!



毎年潜ってるポイントで、久々に夕方まで潜ってたら、


夜行性なのか、巣穴から出てきてました。



でも、コチラに気づくとサーっと遠くの岩の間に逃げ込んだのですが、


それを遠目で追いながら、どの岩に隠れたか見えてたので、


音を立てずに、そ~っと潜って岩の下をのぞき込んで待ってると、


クエの鼻のあたりが少し見えました。



そこで、チャンス!と頭の辺りを狙って仕留めました。



このサイズなのに、相当暴れまわってパワーが半端なかった。。。


1m超すやつもいるようだけど、そんなやつ刺したらモリが折れてしまうよね(笑)



あと、60cm級のやつも見ましたが、そいつは巣穴の奥にすぐに隠れたので、


どうしようもできず。。。


コイツのおかげで思い出に残る、楽しい素潜りライフがおくれました。(^ー^)

ポチっとして頂けると励みになります m(_ _)m
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

↑このページのトップヘ